> > NTTファシリティーズ 通信ネットワーク対応型のEV用急速充電器を開発

NTTファシリティーズ 通信ネットワーク対応型のEV用急速充電器を開発

記事を保存

NTTファシリティーズは、電気自動車(EV)のインフラ構築に不可欠な「通信ネットワーク対応型電気自動車用急速充電器」を商品化し、来春より販売を開始する。

同製品の特長は、通信モジュールを搭載しており、充電器の利用認証・課金サービスなどが利用できる点。今後、同社は様々な通信モジュールに対応していくとともに、急速充電器の販売・工事・保守に至るまで、トータルでのサービスを展開。再生可能エネルギーや蓄電システムと連携した急速充電器の開発や、ビルにおけるエネルギー利用状況に応じた充電制御機能の追加などを行い、充電インフラ環境の整備、EVの普及拡大を目指す。また、販売に先駆け、横浜市などが推進する「スマートネットワークプロジェクト」の実証実験向けに、同製品がみなとみらい21地区に設置されている。

同急速充電器は、最大で50kW出力可能なEV用急速充電スタンドでの使用を目的としたもの。充電開始前に自動で絶縁チェックを行い、安全確認後に充電を開始する安全性やタッチパネルボタンによる高い操作性のほか、「CHAdeMo協議会」が推進する充電方式を採用し、複数メーカーのEVの急速充電に対応できるなど、幅広いメリットを有する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.