> > ゴウダ 太陽光発電システムの施工者養成施設を大阪府に開校

ゴウダ 太陽光発電システムの施工者養成施設を大阪府に開校

記事を保存

住宅用太陽光発電システムの販売・施工を手がけるゴウダ(大阪府茨木市)は12月、太陽光発電の施工者養成施設「太陽光発電工事専門校ゴウダ関西校」を開校する。

運営は太陽光発電工事専門校(東京・千代田)と共同で行う。受講者(1期定員24人)は一般から募集し、施設は同社の研修施設を利用する。講習や模擬屋根を使用した実技、施工現場での実習など、約2~3ヵ月のカリキュラムで、受講料は80万~100万円程度。修了者は一部の国内太陽電池メーカーの施工資格が取得可能で、また、同社を含めた就職先を紹介してもらえる。指導には、太陽光発電工事専門校の講師のほか、同社社員があたる。太陽光関連事業を行う企業や、手に職をつけて就職したいと考える若者などの需要を見込む。

ゴウダは住宅用建材加工のノウハウを活かして全国で太陽光発電事業を展開し、年間約600件の施工実績を持つ。住宅用太陽光発電システムは、国の補助金制度や余剰電力の買取制度により需要が拡大しているが、施工に伴うトラブルも発生しており、施工業者の育成が課題となっている。同社は、確かな技術を持つ施工者を養成することで、自社の商品の拡販にもつなげていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.