トヨタほか 世界初、HV車用ニッケル水素電池のリサイクル事業を開始

  • 印刷
  • 共有

トヨタ自動車は、豊田ケミカルエンジニアリング、住友金属鉱山、プライムアースEVエナジー(PEVE)と共同で、使用済みの「ハイブリッド(HV)車用ニッケル水素電池」に含まれるニッケルを電池原料として再資源化するリサイクル事業を世界で初めて開始した。同事業は、HV車用ニッケル水素電池から、再びHV車用ニッケル水素電池を製造する「電池to電池」の資源循環リサイクルを実現したもの。トヨタは、将来的には同事業の海外への展開を検討している。

従来、販売店や解体事業者などで回収された電池は、還元処理後、ニッケルを含んだスクラップとして、ステンレス原料としてリサイクルしていた。しかし、今回、含有ニッケルからニッケルのみを高度に選別・抽出する技術を開発。抽出されたニッケルを、電池製造時のニッケル製錬工程に直接投入することで、電池から電池へのリサイクルが可能となった。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事