> > トヨタほか 世界初、HV車用ニッケル水素電池のリサイクル事業を開始

トヨタほか 世界初、HV車用ニッケル水素電池のリサイクル事業を開始

記事を保存

トヨタ自動車は、豊田ケミカルエンジニアリング、住友金属鉱山、プライムアースEVエナジー(PEVE)と共同で、使用済みの「ハイブリッド(HV)車用ニッケル水素電池」に含まれるニッケルを電池原料として再資源化するリサイクル事業を世界で初めて開始した。同事業は、HV車用ニッケル水素電池から、再びHV車用ニッケル水素電池を製造する「電池to電池」の資源循環リサイクルを実現したもの。トヨタは、将来的には同事業の海外への展開を検討している。

従来、販売店や解体事業者などで回収された電池は、還元処理後、ニッケルを含んだスクラップとして、ステンレス原料としてリサイクルしていた。しかし、今回、含有ニッケルからニッケルのみを高度に選別・抽出する技術を開発。抽出されたニッケルを、電池製造時のニッケル製錬工程に直接投入することで、電池から電池へのリサイクルが可能となった。

トヨタは、量産化に対応した高精度原料化リサイクル施設を豊田ケミカルと協力して立ち上げる。豊田ケミカルで回収した電池の還元処理とニッケル抽出を、住友金属鉱山でニッケル精錬を、PEVEでニッケル水素電池製造を行う。同電池の回収促進を図るため、「トヨタHV引取受付センター」も設置する予定。また、輸送については、部品補給の帰り便トラックを活用することによりCO2削減にも配慮するという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.