> > 東芝 電動バス試験車両向けに、リチウムイオン電池「SCiB」を納入

東芝 電動バス試験車両向けに、リチウムイオン電池「SCiB」を納入

記事を保存

東芝は、慶応義塾大学などが参画する「電動フルフラットバスの実証研究」で開発中の電動バスの試験車両向けに、独自開発のリチウムイオン二次電池「SCiB」を納入する。このSCiBは、今年度より供給を開始する予定の60Ah級セルのプロトタイプ。バスでの使用に求められる長寿命、急速充電、低温特性、安全性などが評価され、今回のプロジェクトに採用された。

また、同社は、神奈川県を中心とする電動バスの実用化に向けたコンソーシアムに参画し、第二次プロトタイプ車両開発に協力する。同車両は、実証研究プロジェクトで開発した試験車両をベースに実用化に向けた技術開発・改良を行うもので、同社は電池モジュール開発を担当する。

同社は、電気自動車分野をSCiB事業の中核領域と位置づけている。今回のSCiB納入やコンソーシアムへの参画を通じて、電動バス向けSCiBの研究開発を加速するとともに、電気自動車向けの事業拡大を図りたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.