> > 三菱化学 英国・米国でリチウムイオン電池用電解液を製造

三菱化学 英国・米国でリチウムイオン電池用電解液を製造

記事を保存

三菱化学は、リチウムイオン電池の基幹部材である電解液について、英国と米国で製造を開始するため、年内をめどに現地に製造・販売会社を新設すると発表した。

リチウムイオン電池は、電気自動車などエコカー向けの需要が伸びており、今後、大幅な需要拡大が見込まれている。同社は、リチウムイオン電池の主要4部材である電解液、負極材、正極材、セパレータをすべて取り扱う世界結一のメーカーとして、拡大する市場に対応するために電池材料ビジネスを強化。今後、国内外の電池材料の供給体制を増強し、4部材合計で2010年度の売上高(見込み)170億円から、2015年度には800億円を目指す。

英国と米国の新会社は、同社が100%出資し、三菱レイヨンの完全子会社であるルーサイト・インターナショナル・グループ社の工場敷地内に設立する。英国の新会社の資本金は、9830万ポンド(約11億円)。営業運転開始は2011年秋の予定。米国の新会社の資本金は、1310万ドル(約11億円)。営業運転開始は2012年夏の予定。ともに製造能力は年間10000tで、設備投資額は約25億円となる見込み。

現在、同社は電解液を四日市事業所で生産しており、現行の生産能力は年間8500t。2015年までに生産能力を国内外で年間50000tまで増強する計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.