> > パナソニック 業界No.1の明るさを実現したLED電球を発売

パナソニック 業界No.1の明るさを実現したLED電球を発売

記事を保存

パナソニックは、11月25日より、LED電球「EVERLEDS(エバーレッズ)」の一般電球タイプ2品番を発売する。本体熱の伝導と放射に独自の放熱技術を搭載し、業界No.1の明るさと高い省エネ性を両立した点が特長。月産台数は30000台。

一般的に、LEDパッケージは温度が低いほど発光効率が高くなる性質を持つ。特にLED電球においては、LEDパッケージの温度を下げることで、エネルギーの消費効率を高めることができる。一方、明るさを向上させるためには、投入電力量を増やす必要があり、LEDパッケージの温度が上がってしまう。明るさを向上させ、かつ高いエネルギー消費効率を得るのは難しく、両立させるためには、LEDパッケージの温度を下げる放熱技術が必要となる。

同製品は、LEDパッケージと本体を緊密に接合することで熱伝導性を高め、LEDパッケージの熱を口金方向へ効率的に逃がしている。また、本体表面にアルマイト加工を施すことで表面放射率を向上させ、高い放熱性能を実現している。これら独自の技術により、一般電球60形相当の明るさで業界最高となる、全光束(明るさ)825lm(LDA9D-Hの場合)を実現。それと同時に、消費電力も9.2Wとより省エネになった。電気代に換算すると、同等の明るさの白熱電球と比較して、一灯あたり年間約1970円の節約になる。

LED電球の需要は今後も増加する見通しだ。同社によると、2009年度の総需要は328万個だったが、今年度は1100万個、2012年度には2400万個まで拡大する見込みだという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.