> > シチズン電子 従来比2倍以上の大光量を実現した白色LEDを開発

シチズン電子 従来比2倍以上の大光量を実現した白色LEDを開発

記事を保存

シチズン電子は、世界最高レベルの大光量を実現した照明用白色LED「CL-L330シリーズ(26Wタイプ)」と「CL-L340シリーズ(41Wタイプ)」を開発した。同製品は、LED1個あたりの光量が同社従来比で2倍以上を実現したうえ、高い発光効率、従来比で30%以上向上した同社最高レベルの放熱性などが特長。11月から量産を予定している。

通常、LED1個だけでは必要な光量に満たない場合が多く、複数個のLEDを照明器具内に設置する必要がある。その場合、LEDの配置面積が大きくなり、照明器具が大型化する傾向にある。また、複数個の光源が存在することで、光を制御するための反射板などの設計が複雑になるという弊害も生じる。

今回開発された製品は、LED1個あたりの光量を飛躍的に高めることでこれらの課題を解決し、照明器具の小型化や光学設計の簡略化を図ることができるうえ、LED1個で適用できる照明用途を大幅に拡充することができる。

同製品には、寒色系の色温度5000K仕様と、暖色系の色温度3000K仕様がある。5000K仕様は、発光効率が重視される屋外照明に向いており、街路灯、投光器、広告灯などの用途を想定している。41Wタイプの場合、LED1個で一般的な水銀ランプ100W相当の光量を確保でき、約60%の電力削減が期待できるという。一方、3000K仕様は、演色性が重視される屋内照明用途向きで、ベース照明用ダウンライトや商品演出用スポットライトなどに適している。41Wタイプの場合、LED1個でハロゲンランプ150W相当の光量を確保でき、約70%の電力削減が期待できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.