> > 三菱樹脂 業界初、リサイクル可能な耐火塩ビ管・継手を開発

三菱樹脂 業界初、リサイクル可能な耐火塩ビ管・継手を開発

記事を保存

三菱樹脂は、建築物の防火区画の配管に使用できる排水用硬質塩化ビニル管(塩ビ管)「ヒシパイプ耐火VPα™」と塩化ビニル継手「耐火DVα™」を開発した。「ヒシパイプ耐火VPα™」は、耐火塩ビ管・継手としては業界で初めてマテリアルリサイクルが可能な製品。「ヒシパイプ耐火VPα™」は6品種、「耐火DVα™」は83品種を揃えている。現在、公的機関の認証取得に向けた準備を進めており、今冬に販売を開始する予定だ。同社は、両製品で3年後に10億円の売上を目指す。

建築基準法では、集合施設や商業施設、公共施設の防火区画の壁や床を貫通する排水管には、耐火規格に適合した製品の使用を義務付けている。そのため、主に耐火二層管や建築排水用ライニング鋼管、鋳鉄管などが使用されているが、通常の塩ビ管に比べて重く、工事に時間と手間がかかるなど、課題があった。

「ヒシパイプ耐火VPα™」は、三層構造の塩ビ管の中間層に特殊な無機物を配合することによって、火災時のパイプの残渣が貫通部を塞ぎ、火炎の延焼を防ぐ。建築基準法に基づく性能評価「防災区画等を貫通する給排水管等」の各試験条件での燃焼実験も実施し、その性能を確認しているという。また、通常の塩ビ管・継手と同様に、軽量かつ切断や接着が可能で施工性に優れているため、施工費を含めたトータルコストを大幅に抑えられる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.