NEDO 仏リヨンにおいてスマートコミュニティ実証事業のFS調査を開始

  • 印刷
  • 共有

NEDOは、フランスのリヨン再開発地域において、スマートコミュニティ実証事業を実施すると発表した。リヨン市と周辺市町村を含む広域自治体であるグランドリヨン共同体と、本事業の実施可能性(FS)調査を開始することで合意し、10月18日に協力協定書(MOU)に調印する。

NEDOとしては、1月から実施した米国ニューメキシコ州におけるスマートグリッド実証事業に続く本格的な海外実証事業に向けたFS調査で、欧州では最初のプロジェクトとなる。NEDOは、FS調査について、今月末より公募を開始し、年内に調査委託先を採択、2011年1~3月まで3ヵ月間の調査を行う。事業化評価において事業化が決まった場合、2011年4月以降、2015年度までの5年間の期間で実証事業を実施する。数十億円のプロジェクトとなる見込み。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事