大陽工業 電力使用量を大幅削減するデマンド・コントローラーを発売

  • 印刷
  • 共有

大陽工業は、電力ピークのカットだけでなく、電力使用量そのものを大幅に削減できる、デマンド・コントローラー(使用電力自動監視制御装置)「NaCoa(ナコア)」を11月5日より発売する。同製品は、予測制御機能、マルチセレクトコントロール機能、省エネモード設定機能など業界初の機能を搭載し、電力コストを20~40%、電力使用量を5~15%削減できるのが特長。価格は1台あたり94万5000円(税込)。初年度300台の売上を目指す。

昨今、省エネ需要が年々高まっており、使用電力の監視や制御を担う装置も数多く発売されている。しかし、デマンド監視装置の場合、電力ピーク時の計測は自動でできるが、管理は手動で行う必要がある。また、従来型のデマンド・コントローラーでは、電力ピーク時の平滑化は行えても、電力消費を抑えるような自動設定はできなかった。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事