> > パナ電工・三洋 HIT太陽電池使用のリチウムイオンソーラー街路灯を発売

パナ電工・三洋 HIT太陽電池使用のリチウムイオンソーラー街路灯を発売

記事を保存

リチウムイオンソーラー街路灯パナソニック電工と三洋電機は、太陽電池とリチウムイオン電池を一体化させた「EVERLEDS(エバーレッズ)リチウムイオンソーラー街路灯」を商品化し、2011年1月より発売する。同製品は、太陽電池とリチウムイオン電池を一体化した、「太陽電池一体型蓄電ユニット」を搭載しており、省エネ、長寿命なのが特長。2011年度には、リチウムイオンタイプ全体で年間約500台の販売を目指す。

同製品は、三洋電機製の「HIT®太陽電池」と「リチウムイオン電池」を一体化することで、太陽光エネルギーから高効率太陽光電池で発電、パネル裏のリチウムイオン電池に蓄え、夜間にはLED照明を終夜(約15時間)点灯させることができる。鉛電池を搭載した従来品に比べて、電池重量は2分の1近く(29.5kg→16.2kg)に軽量化、厚みは40mmとスリムになっている。

また、鉛電池を使用していないため環境負荷を低減でき、充放電効率も鉛電池の約1.5倍に向上した。さらに、期待寿命はリチウムイオン電池と太陽電池ともに10年以上、LED照明の寿命は約4万時間で、電池交換などメンテナンスの手間とコストの削減も可能だ。

ラインナップは、LED24Wタイプ(パネル2枚)とLED10Wタイプ(パネル1枚)の2種で、本製品は、2010年度グッドデザイン賞を受賞している。今後は、両社の強みを生かして業界をリードするソーラー街路灯を開発し、販売拡大を図る。また、将来的には海外での器具およびデバイスの展開についても検討していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.