> > 東芝 中国電力のメガソーラー発電を一括受注、長州産業製太陽電池を採用

東芝 中国電力のメガソーラー発電を一括受注、長州産業製太陽電池を採用

記事を保存

福山太陽光発電所イメージ図東芝は、中国電力が広島県福山市に建設する発電出力約3MWの大規模太陽光発電プラント「福山太陽光発電所」のプロジェクトを一括受注したと発表した。同発電所は、中国電力初の電気事業用メガソーラーで、2011年度の運転開始を予定している。年間の推定発電電力量は約334万kWh。一般家庭約900世帯分の年間使用電力量に相当し、CO2排出削減量は約2000tを見込む。

東芝は、今回、基本設計や主要機器の納入、プラントの建設などプロジェクト全体を一括で受注した。東芝グループで開発した世界トップクラスの直交変換効率98.1%の500kWのパワーコンディショナと、長州産業(山口県山陽小野田市)製の多結晶太陽電池モジュールを採用する予定だ。

同社が電気事業用メガソーラー発電プラントを受注するのは、中部電力の「メガソーラーたけとよ」(発電出力7.5MW)、東京電力の「浮島太陽光発電所(仮称)」(発電出力7MW)、沖縄電力の「宮古島メガソーラー実証研究設備」(発電出力1.5MW)、東北電力の「八戸太陽光発電所」(発電出力1.5MW)に続いて5件目。同社は、東京電力と沖縄電力のプロジェクトではシャープ製多結晶太陽電池モジュール、東北電力のプロジェクトでは、京セラ製多結晶太陽電池モジュール、カネカ製薄膜系太陽電池モジュール、ソーラーフロンティア製薄膜化合物系太陽電池モジュールを採用する予定を示している。

世界的に電力・産業用の太陽光発電システムの市場は拡大しており、2015年に市場規模は2.2兆円になると予想されている。同社は、これまでの受注実績を活かして、グローバルでのメガソーラー発電プラントの受注獲得を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.