> > DOWAエコシステム 低コストでVOC汚染地下水の浄化を実現する薬剤を開発

DOWAエコシステム 低コストでVOC汚染地下水の浄化を実現する薬剤を開発

記事を保存

DOWAエコシステムは、揮発性有機化合物(VOC)汚染地下水を低コストで安全に浄化する方法として、微生物活性薬剤「バイオエンゼル」に加えて、「バイオエンゼルPLUS」を開発したと発表した。これまで、汚染地下水をその場で浄化する原位置によるバイオレメディエーション(生物処理)に使われる薬剤には、薬剤調製・注入時の取扱の難しさやコストでの課題があった。そこで、同社は森永乳業と共同で、これまでの性能は維持しながら、コストパフォーマンスが高く、使い勝手のいい薬剤として「バイオエンゼル」を開発した。食品製造工程の副産物を利用することで、安全性が高く低コストな薬剤として供給している。同薬剤を使用した場合、従来工法よりも3割以上コストダウンできるケースがあるという。「バイオエンゼルPLUS」は、さらに薬剤の有効成分の持続性を高めたもので、低コストでの汚染地下水の拡散防止対策を可能とした。

「バイオエンゼル」は、溶解性が高く、水と同等の粘度のため、調製・注入が容易にできるのが特長。高い分解性能により最短2ヵ月での浄化実績がある。バイオレメディエーションは、汚染土壌・地下水に棲息する分解微生物、または、添加した微生物自体を利用して、生物的に汚染物質の分解を行う浄化工法。汚染土壌・地下水に、適切な薬剤を調製・注入し、微生物を活発化させることで、浄化作用を高めることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.