積水化学・NEC 太陽光発電搭載住宅向けエネルギー管理システムで提携

  • 印刷
  • 共有

積水化学とNECは、スマートグリッド(次世代送電網)を実現する一要素となる、クラウドを利用した家庭用エネルギー管理システムHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)の領域で事業提携すると発表した。NECが家庭用パソコンで、太陽光発電やオール電化住宅のエネルギーの需給を一元管理するための電力測定装置とアプリケーションソフトを開発し、積水化学が来春、太陽光発電搭載のセキスイハイムと組み合わせ販売を開始する計画だ。NECは、専用モニターではなく家庭用パソコンでの「見える化」と、外部サーバーにデータを蓄積する方法でシステムの低コスト化を実現し、10万円以下の普及価格での販売を予定している。本システムには、セキスイハウムの顧客からの要望が多かった太陽光発電稼働状況の診断や省エネ診断などのサービスを付加させ、顧客サービスにも役立てる。

積水化学は、太陽光発電システム搭載住宅の累積実績でNo.1。本提携では、積水化学のHEMS領域で蓄積してきたノウハウと、NECの高度な情報通信技術(ICT)やクラウド構築の実績を組み合わせ、家庭内のエネルギー利用の見える化を推進する。クラウド型HEMSの普及とHEMS搭載住宅で10%以上の省エネを目指す考えだ。本システムで、将来的に家電の制御や蓄電システムとの連携も視野に入れている。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事