> > 矢野経済 2015年度、リチウムイオン電池世界市場は3兆円規模に

矢野経済 2015年度、リチウムイオン電池世界市場は3兆円規模に

記事を保存

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池の世界市場についての調査結果を発表した。そのレポートによると、2010年度の同市場規模は、携帯電話、ノートPC等のポータブル機器向け需要が回復傾向にあり、また、車載用をはじめとする中・大型リチウムイオン電池需要が出始めたことを受けて、成長基調に戻り、前年度比約112.6%の1兆949億円となる見込み。また、今後もリチウムイオン電池の大幅な需要増加が期待できるため、2015年度の市場規模は、09年比314.2%の3兆560億円になると予測する。

ポータブル機器向け需要が今後も緩やかに増加するほか、2011~2013年度にかけて、電気自動車(EV)やプラグンハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)などリチウムイオン電池を搭載したエコカーが一斉に発売され、市場は拡大するとみている。車載用途の市場が本格的に立ち上がる2013~2015年度以降、量産効果からリチウムイオン電池の価格が低下し、スマートグリッド用蓄電池などの産業用需要も本格化する見込みだ。

アプリケーション別でみると、2009年度は全体の80%をポータブル機器用が占める。2010年度以降は、中・大型機器向けリチウムイオン電池市場が徐々に立ち上がり、2015年度時点では、民生向けポータブル機器用は全体の35.2%まで低下し、車載用が全体の43.4%を占め、最も大きな市場となる。

リチウムイオン電池を搭載したEV、PHEV、HEVなどのエコカーは、2011~2013年度にかけて製品化される見込みで、その時点での販売台数は2、30~50万台程度、最大でも100万台程度と予想されている。普及に向けては、安全性や一層の低価格化をはじめ、航続距離を伸ばすためのリチウムイオン電池の高容量化、充電設備等のインフラなどを進める必要もあるが、民生機器用と比較するとその需要量は膨大。車載用の市場規模は、2010年度の263億円程度から、2012年度には2207億円と急拡大し、2015年度には1兆3263億円となると予測する。

産業用途には、スマートグリッド関連の蓄電池用途のほか、バス、トラック、電車、建機等の大型車両、及び無停電電源装置(UPS)等が含まれており、その裾野の広さから、2020年度頃には車載用市場を上回るという見方もある。しかし、現在一般的に使用されている鉛電池価格の2~3倍以内の低価格を実現しなければ、普及が難しいとみられている。そのため、市場拡大の本格化は、車載用市場が本格化する2015年度以降になると予想する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.