> > 伊藤忠テクノソリューションズ 風力発電出力予測サービスの提供を開始

伊藤忠テクノソリューションズ 風力発電出力予測サービスの提供を開始

記事を保存

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、10月1日より、国内外の電力会社や風力発電事業者等を対象に、SaaS(※)による風力発電出力予測システムのサービスを本格的に開始した。同システムは、翌日までの風力発電出力を事前に予測できるため、電力系統の運用を支援できる点や、SaaSサービスであるため、低コストかつ短期間で導入できる点が特長だ。電力系統制御エリアを対象とした出力予測システムの本格稼働は、国内初だという。同社は、新サービス開始を機に、スマートグリッド関連事業の一層の強化を図りたい考えだ。

同社は、1997年から東北電力と共同で、風力発電の出力予測に関する研究を開始し、2007年からは同システムの実証試験を実施。さらに今年4月からは、東北電力向けにSaaSでサービスの提供を開始していた。この度、実証試験を通してシステムの安定性と予測精度が確認されたため、新サービスの提供開始に至った。

風力発電は、低炭素社会の実現に向けた新エネルギーの一つとして普及が期待されているが、気象条件により発電出力が大きく変動するため、電力系統の電圧・周波数変動への影響が懸念されてきた。同システムでは、気象庁が発表する数値予報データ(GPV)と、エリア内の風力発電所の合計発電出力実績値をもとに、複数の統計モデルを組み合わせた独自のアルゴリズムを用いて、エリア内の風力発電所の合計発電出力を事前に算出できる。今後は、予測回数の増加や予測期間の延長など、システムの機能強化を図る方針だ。

※SaaS(SoftwareasaService)とは:ソフトウェアの機能のうち、利用者が必要とするものだけを配布し、利用できるようにした配布形態。利用者は、必要な機能のみを必要なときに利用でき、利用する機能に応じた分だけの料金を支払う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.