> > 日立 中国天津エコシティでのスマートグリッド事業の具体的な内容を公表

日立 中国天津エコシティでのスマートグリッド事業の具体的な内容を公表

記事を保存

日立製作所は、中国・天津市郊外で開発中の環境配慮型都市「中国・シンガポール天津エコシティ」における具体的な協力内容について、中国-シンガポール天津エコシティ投資開発会社(SSTEC)と合意した。

日立は、環境配慮型ビジネス中心街区Eco-CentralBusinessDistrict(Eco-CBD)の開発プロジェクトや、2020年までに天津エコシティ内の自動車の90%以上の電気自動車(EV)化をめざすための協議会Eco-CityNewEnergyVehicleAllianceに参画する。Eco-CBDにおけるビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)や、地域内のエネルギーを効率的に制御するエネルギーマネジメントシステム(CEMS)の導入についても検討を行っていく。また、今回、天津エコシティ内に新たに建設される約900戸について、各戸のエネルギー消費の監視・管理などを行うホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)を受注した。第一期分として、2011年6月に450戸分を納入する予定だ。日立はSSTECと、中国において、スマートグリッド(次世代送電網)を中心とした環境配慮型の都市づくり「スマートシティ」事業に関する研究開発拠点を、2010年末までに天津エコシティ内に設置することでも合意した。

天津エコシティは、中国とシンガポールの協力事業として、省資源・資源循環の効率化をコンセプトに進められている大規模環境都市開発プロジェクト。天津市郊外の約30km2の塩田跡が対象地域となっている。2008年9月から建設がスタートし、2013年頃に4km2の初期開発区、2020~25年頃に人口35万人、11万戸の都市が完成する予定だ。今後、アジア地域などにおいて開発が進められる環境配慮型都市のモデルとして、世界的に注目されている。日立とSSTECは、今年5月、天津エコシティにおいて日立の環境技術や環境ソリューションを提供していくことで合意している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.