> > パナソニック 高精度選別、有機物分解でシュレッダーダストリサイクルを加速

パナソニック 高精度選別、有機物分解でシュレッダーダストリサイクルを加速

記事を保存

パナソニックパナソニックエコテクノロジーセンター(PETEC)は、家電リサイクル工場から発生するシュレッダーダストの中の有機物を、酸化チタンの触媒反応を用いて処理する設備を大型化し、本格稼働を開始した。これにより、廃樹脂材の残さを焼却せず安全に処理できるようになる。今後は、年間500トンの残さ処理を見込んでいるという。また、両社は、近赤外線識別技術と乾式洗浄技術によって、シュレッダーダストからPP・PS・ABSの3種類の樹脂を高精度で選別・回収するリサイクル技術を開発した。全ての工程を、水を使わない乾式で行うため、従来方式に比べ大幅に環境負荷を低減できるのが特長だ。PETECは、同技術を採用した設備を新たに導入し、シュレッダーダストからのリサイクル樹脂の回収を年間1000トン規模で実施する予定だ。

家電の解体工程から出るシュレッダーダストには、銅・鉄などの金属片や樹脂、ゴム類のほか、燃焼時にダイオキシンを発生する塩化ビニルなどが含まれる。PETECでは、樹脂の選別で資源化を推進するとともに、選別後の残さに含まれる有機物を触媒反応で無害ガス化し、塩化ビニルで被覆された銅や鉄などの金属を取り出す技術を開発。2008年から、実用化に向けて検証を重ねてきた。

今回の処理設備は、酸化チタン触媒を用いた有機物分解技術を、廃樹脂材の残さの処理に応用展開しているのが特長だ。なお、パナソニックは来年度を目途に、同技術の設備事業化を計画している。

シュレッダーダストの高精度選別技術については以下のとおり。家電の解体工程では、手解体により回収された樹脂部品は、成形材料として再利用されているが、手解体後に粉砕された樹脂片は、シュレッダーダストとして廃棄されたり、燃料など家電以外の用途で再利用されている。製品生産での環境負荷低減のためには、シュレッダーダストから樹脂を回収して再利用する必要がある。また、家電製品に使用される樹脂は、欧州のRoHS規制物質の含有量が一定値以下であることが規定されており、難燃剤として添加されることがある特定臭素については、含有率1000ppm未満であることが求められている。そのため、樹脂をリサイクルするためには、臭素を含む樹脂の混入を防ぐ必要がある。

今回のリサイクル技術は、近赤外線識別技術により、3種類の樹脂それぞれを99%超える精度で選別・回収できるうえ、臭素を含む樹脂も高精度に識別できるのが特長だ。現在、パナソニックは年間約5000トン(家電リサイクル以外を含む)の樹脂を再利用しているが、今後は、適用商品を拡大して製品の再資源活用率を高め、より一層の環境負荷低減を図る考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.