> > トステム 寒冷地対応、熱回収率85%の全熱交換型換気システムを発売

トステム 寒冷地対応、熱回収率85%の全熱交換型換気システムを発売

記事を保存

高効率・全熱交換型換気システム「エコエア85」トステムは、業界トップクラスの熱回収率85%を実現した高効率・全熱交換型換気システム「エコエア85」について、寒冷地対応型の新バージョンを開発し、10月1日より全国発売する。

同システムは、2009年10月に発売された全熱交換型換気システムを、本体への断熱強化により使用可能な温度範囲を拡大し、札幌や小樽などの寒冷地にまで対応できるようにバージョンアップしたもの。一般の換気システムに比べ、年間CO2排出量は約670kg削減、ランニングコストは、年間で約26500円抑えることができる。SW工法(高気密・高断熱・高耐震の木造軸組・枠組工法)住宅の専用部材として売り込む予定で、設計価格は従来型と同じく、65万円(税別、施工費込)。

「エコエア85」は、通常は換気により外部に排出してしまう熱を給気に再利用する、熱交換型の換気システム。高性能選択透過膜と独自の対向流構造の採用により、85%と高い熱回収率を実現した。そのため、外気の温度を室温に近づけて給気できるうえ、湿度をコントロールすることで、夏は湿った外気の湿度を抑えて取り込み、冬は乾燥した外気の湿度を上げて取り込むことができるのが特長だ。

2003年の建築基準法改正によって、住宅には24時間換気の設置が義務付けられている。しかし、北海道などの寒冷地では、冬季に室内外の温度差が大きくなるため、熱交換型換気システム本体に結露が発生し、風量が低下するなどの懸念があり、熱交換型換気システムの採用を見合わせるケースが多く見受けられた。しかし、今回バージョンアップした新「エコエア85」は、寒冷地でも安心して利用できるうえ、換気による熱損失を抑えることで暖房費を抑えることも可能だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.