> > シャープ 米国大手の太陽光発電プラントの開発事業者を完全子会社化

シャープ 米国大手の太陽光発電プラントの開発事業者を完全子会社化

記事を保存

シャープは、米国大手の太陽光発電開発事業者であるRecurrentEnergyLLC(リカレント社)を買収し、完全子会社とすると発表した。両社は、9月21日(米国現地時間)に合意に達し、今後関係当局の承認などを経て、年内に買収手続きを完了する予定。

リカレント社は、太陽光発電プラントの開発・販売までを行う開発事業者(ソーラーディベロッパー)で、電力会社との連携によるプロジェクトを手掛けている。アメリカやカナダを中心に約2GWのプラント開発案件を保有し、欧州などでも事業を行っている。

北米の太陽光発電市場は、オバマ政権のグリーンニューディール政策などを受け、電力会社向けプロジェクトを中心に、産業用・大規模発電用システムの需要拡大が期待されている。電力会社向けビジネスではディベロッパーの役割が大きいため、シャープは、リカレント社の子会社化により、ディベロッパー機能を備えることで北米市場での事業拡大を図る。また、リカレント社の発電事業開発ノウハウを活用し、セル・モジュールの開発・生産からプラント開発・販売まで、トータルでの太陽光発電事業に力を入れていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.