> > パナソニック電工 中国大連市で低炭素住宅プロジェクトを開始

パナソニック電工 中国大連市で低炭素住宅プロジェクトを開始

記事を保存

東方聖克拉完成イメージ図パナソニック電工は、街の省エネ化を積極的に推進している中国大連市において、低炭素住宅プロジェクトを開始する。2011年1月オープンを目指し、大連市に、低炭素住宅が体感できる市内最大規模のショールームを建設するほか、大連市の大手不動産デベロッパーである億達集団が新規に建設するマンションで、優先してパナソニックグループの省エネ製品や技術を採用する。さらに、中国市場向け製品の共同開発など、戦略的な協働を進めることにより、大連市での低炭素住宅の建設を促進したい考えだ。2012年度までに約5000戸の建設を目指す。

同社は2003年より中国の一般的な「スケルトン住宅」に対し、一括して内装製品の提案、工事を請け負う内装事業を展開してきた。同年、上海市に杭州盛聯装飾工程との共同出資で、内装工事会社「パナソニック電工・盛一装飾上海」を、また、大連市においても同市の大手不動産デベロッパーである億達集団との共同出資で、「パナソニック電工・億達装飾工程大連」を立ち上げ、事業を拡大してきた。

同プロジェクトは、共同研究を通じ、最新の省エネ設備を積極的に採用した低炭素住宅を大連市に建設し、同市における従来の住宅スタイル・生活スタイル・省エネ意識の変革とその実践を進めることを目的としている。

なお、同プロジェクトで推進している具体的な物件として、2009年12月より大連市に「東方聖克拉」を建設開始。同社の食器洗い乾燥機や住宅用調湿パネルなどを採用する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.