> > 日揮 スペイン企業と提携し、日本企業で初めて太陽熱発電事業へ参画

日揮 スペイン企業と提携し、日本企業で初めて太陽熱発電事業へ参画

記事を保存

日揮は、スペインの太陽エネルギー会社であるアベンゴア・ソーラー社(AbengoaSolar)と提携し、日本企業として初めて商業用太陽熱発電事業に参入すると発表した。両社は共同でスペイン南部コルドバ地区(Cordoba)に、50MWの太陽熱発電所2基を新設し、同国内向けに売電を行う事業を実施する。操業開始は2012年の予定。同社が26%、アベンゴア・ソーラー社が74%出資し、発電所の建設と事業運営を行う事業会社を設立する。総事業費は約5億ユーロ(500億円)以上を見込んでおり、このうち3億5000万ユーロについて、三井住友銀行、香港上海銀行、みずほコーポレート銀行、BNPパリバ銀行の4行によるプロジェクト・ファイナンス融資を受ける予定。また、独立行政法人日本貿易保険が本事業に対して、海外の温室効果ガスの削減事業等への出資・融資について自然災害発生時等の損失を補てんする地球環境保険枠を適用し、海外事業資金貸付保険を引き受ける予定だ。本事業では、約52000世帯分の一般家庭用電力が賄われ、年間63000tの温暖化ガス削減効果を見込む。電力買取りは、スペインの優遇買取価格制度であるFeedinTariffが適用される。

日揮は、エンジニアリング会社として、グローバルに設計・調達・建設(EPC)ビジネスを展開し、アラブ首長国連邦、サウジアラビアの発電・造水事業、中国の海水淡水化事業、フィリピンのバイオエタノール製造・発電事業などに参画している。今回の事業を通じて、太陽エネルギー発電の事業ノウハウを蓄積し、新たな事業投資を推進していく考えだ。アベンゴア・ソーラー社は、スペイン証券取引所の上場会社である環境エンジニアリング大手、アベンゴア社(AbongoaS.A.)の子会社で、太陽エネルギーに特化した事業を手掛けている。これまでに発電容量193MWの太陽熱発電プラントを稼働させており、現在450MW分を建設中である。

太陽熱発電は、太陽光エネルギーを反射鏡で集めて、発生させた蒸気で蒸気タービンを回し電気エネルギーへと変換する発電方式。化石燃料をほとんど使用しないため、地球温暖化対策の視点からも注目されている。太陽熱発電はエネルギー変換効率が高いが、大型の設備を設置する広い敷地が必要となるため、日射条件のいい中東やアフリカ、米国などで大規模発電所の建設が計画されている。太陽熱発電に関連するタービンや集熱装置などの設備市場は、2015年にグローバルで1兆円規模になると予測されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.