> > 三菱重工 京都市と共同で、EVバス運行の実証実験を実施

三菱重工 京都市と共同で、EVバス運行の実証実験を実施

記事を保存

三菱重工業は、来年2月に京都市と共同で、電気自動車(EV)バス運行に関する実証実験を実施すると発表した。三菱重工が製作したEVバス1台を京都市交通局が循環路線で運行し、公募モニターに既存のバス停で乗降してもらうなど、営業運転に近い条件で実証実験を行い、EVバスの走行性能や機能性について調査を行う。運行路線は、京都市役所前広場にEVバス用の急速充電設備を設置し、京都市役所を起終点とする大循環ルート(1周約7km)と小循環ルート(1周約5.5km)の2つを設定。道路の混雑状況等による走行可能時間、充電の必要間隔、乗客の乗心地のほか、自転車やバイク、歩行者等への影響等、EVバス運行上の課題について調べる計画だ。実証実験では、固定と交換式のリチウムイオン電池を搭載した大型EVバスを使用する。航続距離は30km。従来のディーゼル車と比べると、1台で年間50トンのCO2削減効果が見込まれる。

本実証実験は、京都市が選定された平成22年度国土交通省「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」の事業として実施する。三菱重工は、これを契機に、EV及び環境にやさしい車利用の普及促進を目的として、京都市と企業が連携して取り組む「次世代EV京都プロジェクト」に参画する。同社がこうしたプロジェクトに参画するのは、今回が初めてだという。

三菱重工は、本実証実験を踏まえ、平成23年度に量産プロトタイプEVバスの開発を推進する。平成24年度には、走行実験や電池交換実験等の機能検証のほか、市民や観光客の利便性を向上させるためのEVバスの情報通信システムの開発を行い、実用化を目指す。情報通信システムでは、EVバス車内における目的地到着予定時刻案内、乗り継ぎ案内等の交通情報や目的地周辺における最新の観光情報の提供などを行う予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.