> > 川重冷熱工業 大型貫流ボイラでVOCを完全燃焼処理できるシステムを開発

川重冷熱工業 大型貫流ボイラでVOCを完全燃焼処理できるシステムを開発

記事を保存

川重冷熱工業は、大型貫流ボイラで初めて、VOC(揮発性有機化合物)を直接燃焼法により酸化分解させる完全燃料処理システムを開発したと発表した。VOCは、大気汚染の原因となる、浮遊粒子状物質生成の原因物質のひとつとされている。そのため、大気汚染防止法では、工場などからのVOCの排出・飛散に対して、排出規制や自主的な取り組みの促進などの施策を講じている。しかし、VOC専用の処理設備は規模が大きく、高価でランニングコストもかかるため、特に中小製造業においては、VOCを低コストで処理できるシステムが求められていた。

同社が今回開発した「VOC燃焼システム」は、多くの工場で生産に利用されるボイラの燃料にVOCを混入して、確実に処理できる700℃以上の高温で燃焼させ酸化分解するもので、専用処理装置がなくてもVOCを完全処理できる。VOCは、主に塗料・印刷インキ・接着剤・洗浄剤などに含有されているため、同社では、VOCを安価かつ完全に処理できるシステムとして、化学・製紙・印刷工場等に提案していく考えだ。

VOCは、揮発性有機化合物の総称で、トルエン、キシレン、イソプロピルアルコールなど様々な物質が含まれている。VOCを貫流ボイラで燃焼処理するためには、不安定に発生する多種類のVOCへの対応が課題となるが、同社では、貫流ボイラで独自に採用している高度なPI(比例積分)燃焼制御に加え、VOC混合による必要空気量を安定させる燃焼制御の開発により、VOCの完全処理を達成している。

同社は、レンゴーの武生工場に納入した大型貫流ボイラ(換算蒸発量6t/h)に本システムを採用し、数種類のVOCを処理する実証試験を実施。いずれも酸化分解により排出基準値を大幅にクリアしたという。

その他の本システムの特長として、触媒燃焼法の触媒や吸着法の活性炭のような劣化要素がなく保守・管理が容易なこと、VOC処理のために消費される燃料代の削減、独自の制御システムにより幅広いVOC混合比率で適正な燃焼と蒸気圧力を維持できることをあげている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.