> > ダイハツ バイオエタノール用の2燃料自動車(DFV)を秋田県に提供

ダイハツ バイオエタノール用の2燃料自動車(DFV)を秋田県に提供

記事を保存

ダイハツは、CO2削減への効果が期待される2燃料自動車(DFV)を開発し、試験車両の軽自動車を秋田県へ提供する。DFVは、バイオエタノール水とガソリンの2系統の燃料を使用することができる。特に、生成時のCO2発生量の少ないバイオエタノール水を使用できる点が大きな特長だ。

同車両は、ダイハツと豊田中央研究所との共同研究によるもの。これまで、バイオエタノール水を使用する際、燃焼室内の潤滑性が低下することが課題となっていた。今回は、それを抑制するために、ガソリン燃焼時に発生する熱を利用したバイオエタノール水の温度調整や、VVT(可変バルブタイミング機構)による吸気流の最適化などのシステムを採用した。

ダイハツは、バイオエタノール混合燃料「E10」への対応試験も進めている。今回の試験では、ダイハツの提供するDFV1台が試験場での走行試験に、E10対応試験車2台が公道走行試験に使用される予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.