大和ハウス 東京都の都内中小クレジット第一号として大成ロテックを申請

  • 印刷
  • 共有

大和ハウス工業は、8月23日、東京都が実施する「都内中小クレジット」に初めて申請を行った。今後、認定第一号を目指す。同社は、7月5日、高効率反射板システム「reFbo(レフボ)」を大成ロテックに導入したことで削減した温室効果ガスを、東京都クレジット創出業務の第一弾として、都内中小クレジット化していた。

東京都クレジット創出業務は、東京都内で環境エネルギー商品を導入した企業の温室効果ガス排出量を削減し、その削減効果分を東京都クレジット化するもの。今回は、2009年9月に大成ロテック関東支社の事務所棟に施工された高効率反射板システム「reFbo」170台によって削減された温室効果ガス排出量約46.5t(年間9.3t×5年分)のうち、都内中小クレジットの算定ガイドラインに則り、22tが都内中小クレジット化される予定だ。これが認定された場合、大和ハウスが同クレジットを取得し、(株)排出権取引市場(JCX)が運営する排出権取引市場を通じて購入希望企業へ売却する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報