> > ホンダソルテック CIGS系で最高効率11.6%の太陽電池モジュール発売

ホンダソルテック CIGS系で最高効率11.6%の太陽電池モジュール発売

記事を保存

ホンダソルテックは、8月6日、最大出力130Wと120Wの住宅用太陽電池モジュールと、定格容量5.5kWの大容量のパワーコンディショナを発売すると発表した。同社はホンダの子会社で、CIGS系太陽電池の製造・販売を手がけている。130Wの住宅用太陽電池モジュールでは、発電層の品質向上により、国内で市販されているCIGS系太陽電池の変換効率としては最高の11.6%を達成した。同社はこれまでに、住宅用の太陽電池モジュールとして125Wと115Wの2種類を、パワーコンディショナは4.0kWの1種類を販売している。今回の新商品の投入でラインアップを拡充し、顧客の幅広いニーズに対応することで拡販を図る。

希望小売価格(税込)は、最大出力120Wタイプ(変換効率10.7%)が54495円、最大出力130Wタイプ(変換効率11.6%)が62790円。太陽電池モジュールのサイズは、ともに1417×791×37mm。定格容量5.5kWのパワーコンディショナの希望小売価格(税込)は346500円。

同社の扱う太陽電池は、銅、インジウム、ガリウム、セレン(CIGS)などを素材とした、シリコンを使わない化合物系薄膜型太陽電池。化合物系太陽電池は、結晶シリコン太陽電池より変換効率は4~5%低いが、低コストで、製造時の環境負荷が低く、発電時は影など影響を受けにくいなどの特長がある。同社では、2007年から住宅用、2008年から公共・産業用の太陽電池モジュールの生産・販売を開始した。生産能力は年間約27.5MW(3kWシステムで約9000軒分)。これまでに、住宅用太陽電池モジュールは約2250軒、公共・産業用太陽電池モジュールは、阪神甲子園球場や物流センターの倉庫、病院など約120件の建物へ設置している。今後は、海外での事業展開も推進していく方針だ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.