> > NTTファシリティーズ 世界初、圧縮機と冷媒ポンプを複合した空調機を開発

NTTファシリティーズ 世界初、圧縮機と冷媒ポンプを複合した空調機を開発

記事を保存

NTTファシリティーズは、日立アプライアンスと共同で、自然エネルギーの外気冷熱を活用し、世界最高水準の省エネルギー性能をもつICT装置用空調機「間接外気冷房FMACS-Vhybrid」を開発した。外気温度が高い夏期~中間期は圧縮機を利用し、外気温度が低い冬期~中間期には、圧縮機を停止させ、冷媒ポンプで冷媒を循環させる外気冷房運転を行うのが特長だ。一般電算室用空調機と比べて、データセンター空調に関わる年間消費電力量・年間CO2発生量を45%削減できるという。2010年度に実際の環境下での評価を行い、2011年度に販売を開始する予定だ。

同空調機は、圧縮機と冷媒ポンプを複合した世界初のデータセンター用空調機。外気冷熱を活用した高い省エネルギー性が特長で、圧縮機に比べて、1/10程度の低い消費電力で冷媒ポンプを駆動でき、同程度の冷房能力を有する。

データセンターは、収容するブレードサーバやネットワーク機器等から発生する発熱が非常に大きいため、年間を通じて冷却を行う必要がある。外気冷熱を直接取り込んで利用する「直接外気冷房方式」は、不純物による電気基板の腐食の回避、外気導入量に応じて増加する湿度調整が必要となり、運用コストや消費エネルギーが膨大になるため、国内における導入例は少ない。今回は、NTTファシリティーズの冷媒ポンプによる冷媒強制循環技術を圧縮機搭載の冷凍サイクルと複合させることにより、間接外気冷房方式で省エネ性の高い空調機の開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.