> > 三浦工業 ガス焚き小型貫流ボイラ「SQシリーズ」をフルモデルチェンジ

三浦工業 ガス焚き小型貫流ボイラ「SQシリーズ」をフルモデルチェンジ

記事を保存

三浦工業(愛媛県松山市)は、ガス焚き小型貫流ボイラSQシリーズをフルモデルチェンジし、10月より発売する。高効率・低NOx(窒素酸化物)・省スペースなSQシリーズは、産業用・業務用熱源として数多く利用されている。新型SQでは、一般的な工場のシステム負荷率(平均20~50%程度)の領域において、システム効率を飛躍的に向上させた。また、運転条件により排ガス中の潜熱まで熱回収を行なうことで、システム効率100%を達成した。

三浦工業は、小型貫流ボイラのトップメーカー。小型貫流ボイラとは、蒸気発生量が500~2500kg/hの比較的小型の蒸気ボイラで、複数台を連結して設置し、台数制御を行うことで、負荷変動に対応させたり、運転効率を高めたりすることができる。

新型SQは、システム効率の向上では、運転条件に応じて最も効率の高くなる燃焼ポイントを「エコ運転ポイント」とし、エコ運転ポイントに対応したボイラ燃焼出力を持つ新燃焼制御方式「高速多位置制御」を開発した。また、エコ運転ポイント効果を最大限に発揮する新台数制御方式を開発し、エコ運転ポイントで燃焼するボイラ台数が最大数になるように制御することで、システム効率を飛躍的に向上させた。

さらに、燃焼待機時にもパイロットバーナを連続して燃焼運転を行う、連続パイロット制御に改良を加え、燃焼開始までの時間を約8秒から約4秒に低減するなど、蒸気使用量の急負荷変動時においても高速追従を実現し、圧力の安定性を向上させた。SQシリーズは、あらかじめガスと空気を混合させてバーナに送る大型予混合バーナと、燃焼室を持たない設計による低温燃焼システムにより、省エネ法が求める空気比以下で業界最高レベルの低NOx性能を有している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.