> > 三洋電機 年間消費電力を最大48%削減するビル用マルチエアコンを発売

三洋電機 年間消費電力を最大48%削減するビル用マルチエアコンを発売

記事を保存

三洋電機は、ビル用マルチエアコン「グリーンWマルチ」シリーズ(全3シリーズ62機種)を11月より順次発売する。業界トップのAPF4.9を実現し、消費電力量を年間最大約48%削減できるのに加えて、業界最長1000mの総配管長で、設計、設置の自由度が高いのが特長。今年11月に「標準シリーズ(冷房能力22.4~145.0kW)」「リニューアルシリーズ(22.4~135.0kW)」、2011年1月に「高効率シリーズ(33.5~135.0kW)」を発売する。

同シリーズは、22.4~56.0kWの高効率インバーターを搭載した室外ユニット7機種を組み合わせることにより、22.4~145.0kWまで能力設定が可能。新開発のDCツインロータリーコンプレッサーや高効率熱交換器等の搭載により運転効率が大幅にアップし、40.0~50.0kWクラスでは業界トップのAPFを達成した。さらに空調統合監視・制御システム「STAIMSシステム」や空調制御機器「e-CUTコントローラー」などと接続することにより、年間消費電力量を最大約48%削減することが可能。28.0kW以上の全機種で、「2015年新省エネ法基準」を達成した。

また、室外ユニットと室内ユニットを結ぶ総配管長を業界最長の1000mに、最大配管長の制限を180mに拡大し、室内ユニットの接続台数は業界最多の64台。さらに、室外ユニットと室内ユニットの接続可能容量比の制限を200%に拡大し、データーセンター用空調の湿度を下げずに温度を下げる高顕熱や、生鮮食料品の加工工場やスーパーマーケットのバックヤード、保管倉庫など、通常の冷房設定より低い10~25℃の中温にも標準機で対応可能だ。

そのほか、複数の室外ユニットのローテーション運転により長寿命化を実現。欧州「RoHS指令」に準拠、梱包材に発泡スチロール不使用、鉛フリーはんだ採用、オゾン破壊係数ゼロのR410A使用、グリーン購入法対応など環境に配慮している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.