> > 大成建設・東光電気 高度人検知による照明・空調の最適制御システムを開発

大成建設・東光電気 高度人検知による照明・空調の最適制御システムを開発

記事を保存

大成建設と東光電気は、共同開発した「次世代型人検知センサ」を利用し、人の在席状況に応じてゾーン単位で空調と照明を自動制御し、エネルギー消費を最小化する自動環境制御システム「T-ZoneSaver」を開発した。「T-ZoneSaver」は多段階での調光が可能なため、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することで、従来の一般的なオフィスと比べ、建物全体でおよそ50%の省エネ・CO2削減効果が見込まれるという。両社は、東光電気社屋での「T-ZoneSaver」の運用を開始した。本技術は、オフィスの他に病院や生産施設へも導入可能で、新築・リニューアル両方に対応できる。

本システムのコア技術が、人体だけを確実に認識できる「次世代型人検知センサ」。PCからの発熱や日射による温度変化との識別も可能なため、静止体も含めた人の「在・不在」をリアルタイムに認識する。従来の人感センサは、人の移動による温度変化とタイマー機能を組み合わせていた。そのため、人が静止している場合は高い精度で認識することが難しく、人の在席時に消灯してしまうなど誤作動が多いことから、オフィス等への適用は不向きとされていた。

今回開発した「T-ZoneSaver」は、「次世代型人検知センサ」により快適性と省エネの両立を実現する。空調設備においては、人がいるゾーンには通常の空調環境を提供し、不在ゾーンでは、設定温度や運転モードを軽減するとともに、在席率に応じた外気量抑制を行い、空調負荷を低減する。中央熱源方式の空調システムのほか、ヒートポンプを使ったビル用マルチエアコン方式に本システムを導入すると省エネ効果が高まるという。また、照明設備においては、在席ゾーンには必要な照度を提供し、隣接した不在ゾーンでは照度を低く制御するとともに、一定距離を置いた不在ゾーンは消灯するなどの制御を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.