> > マツダレンタカー・パーク24 福岡市の公用EVでカーシェア事業を開始

マツダレンタカー・パーク24 福岡市の公用EVでカーシェア事業を開始

記事を保存

マツダレンタカーとパーク24は、福岡県東区のアイランドシティ内の時間貸駐車場「タイムズアイランドシティ」において、7月25日より市庁用車を活用したEVカーシェアリング事業を開始する。あわせて、独自のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」の導入や、太陽光発電システム、LED照明の設置など、環境負荷低減活動も行う。

両社は、EVカーシェアリング事業の補完機能として、タイムズアイランドシティ内に200VのEV充電設備を設置。それと同時に、独自開発のEV対応カーシェアリングシステムを導入し、充電不足で走行不可となるリスクにも対応する。また、「タイムズプラス」の導入により、週末利用に限定されるEVカーシェアリングを補完し、利便性向上とカーシェアリングの早期定着を図りたい考えだ。今回導入される車種は、EVカーシェアリング事業にi-MiEV2台、タイムズプラスにデミオ1台。

同事業は、マツダレンタカーが、福岡市が実施する市庁用車を活用したEVカーシェアリング事業の運営を受託し運用するもので、2010年12月26日まで実施される。EVのカーシェアリングについては、福岡市民のみが対象で、土日祝日に無料で使用することができる(1回につき2時間とし、3回まで利用可能)。タイムズプラスは、登録すれば誰でも利用することができる。料金は、15分につき200円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.