> > 住友商事マシネックス オフィス向けにCO2排出ゼロの空調フィルターを展開

住友商事マシネックス オフィス向けにCO2排出ゼロの空調フィルターを展開

記事を保存

住友商事マシネックスは、オフィス向けに、フィルターの洗浄・再利用とカーボンオフセットを組み合わせて、CO2排出量をゼロにした空調フィルターサービスの展開を開始した。

同社は、2001年から、住友商事建設不動産本部と共同で、超音波洗浄により使用済みオフィス用空調フィルターを新品同様に再生させるサービスを行っている。従来、オフィス用空調フィルターは、家庭用エアコンのように水洗いできないため、年に1回程度の頻度で交換・廃棄され、産業廃棄物として処分されていた。使用済みフィルターの再利用により、産業廃棄物の削減とビルメンテナンスコストの削減を実現するとともに、排出されるCO2を、標準的なフィルターを廃棄・交換する場合に比べて96%削減できる。住友商事が入居する晴海トリトンスクエアでも、本システムの導入により、これまで約200tのCO2削減を達成しているという。

住友商事マシネックスは、今回、残り4%のCO2排出分をカーボンオフセットで補うことにより、業界初の「カーボンニュートラル空調フィルター」を実現した。オフセットする排出権については、住友商事から購入する。これは、住友商事が支援する、フロン製造プラントから発生する温暖化ガスの回収・破壊プロジェクト(インド・グシャラット州)から創出され、国連認証を得たものだ。

改正省エネ法の施行や自治体の環境条例の導入により、各企業は事業活動のなかで、温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みの強化が求められている。同社はそうした企業のニーズを取り込み、拡販を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.