> > ヤマハ発動機 三洋製の新リチウムイオン電池を採用した電動二輪車を発売

ヤマハ発動機 三洋製の新リチウムイオン電池を採用した電動二輪車を発売

記事を保存

ヤマハ発動機は、電動二輪車「EC-03」を、9月1日より首都圏で、10月1日より全国で発売すると発表した。「EC-03」は、三洋電機製の高エネルギー密度50V新リチウムイオン電池と、独自の超薄型パワーユニットを組み合わせ、近距離移動に適した機能と走行性能を実現した製品。また、家庭用のアース付きAC100Vコンセントで充電可能なプラグイン充電方式を採用している。車両本体価格は、25万2000円(税込)。国内での販売目標は年間1000台。同社は、「EC-03」について、中期成長戦略の一つの柱である、環境性能に優れた次世代動力源「スマートパワー」を具現化する製品と位置付けている。

「EC-03」の充電時間は約6時間で、一充電あたりの走行可能距離は43km(30km/h定地走行)、電気代は18円(東京電力の一般的な契約の場合)。また、モーターやコントールユニットを新設計し、発進時から低速走行時のトルク特性を従来モデル比で10~15%向上させた。

今回、「EC-03」には、三洋電機製リチウムイオン電池システムが採用された。同システムは、三洋電機が、ノートパソコンなどに使用される18650サイズ(直径18mm×高さ65mm)の民生用円筒形リチウムイオン電池を複数本組み合わせる制御技術を活用し、専用システムとして開発したもの。汎用性の高い民生用電池を利用することで、リチウムイオン電池システムの製造コストを低減できるメリットがある。「EC-03」1台には112本の民生用電池が使用されている。同社は、2004年より、本システムの開発に取り組み、電動軽車両の動力として使用できる「動力用標準電池システム」、創エネ(太陽電池)・蓄エネ(二次電池)・省エネ(業務用機器等)技術を融合した同社のスマートエナジーシステムにも活用できる「蓄電用標準電池システム」の2機種を量産している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.