> > 豊田自動織機 通信機能を搭載した量産型EV充電スタンドを秋に発売

豊田自動織機 通信機能を搭載した量産型EV充電スタンドを秋に発売

記事を保存

豊田自動織機は、プラグインハイブリッド車(pHV)・電気自動車(EV)用の新型充電スタンドを今秋に発売すると発表した。新型充電スタンドは、日東工業と共同開発したもので、現行モデルの操作性を向上させたほか、量産機としては国内で初めて通信機能を搭載した。

同製品は、複数台の充電スタンドが携帯電話回線を通してデータセンターと通信し、データセンターで、利用時間や電力使用量などの利用情報を一元管理することができるようにした。ICカードによる利用者認証にも対応し、また、外部入出力端子を設け、集金装置や認証装置など管理者側の既存設備と連動させた運用を行うこともできる。

また、豊田自動織機では、発売に合わせて管理者に対するサポートサービスを開始。データセンターが収集した充電サービスの利用情報を報告するとともに、設備の稼動状況をデータセンターで遠隔監視し、故障・障害発生時には通知する。

コンビニエンスストアやガソリンスタンドでは、集客効果などを狙い、EV用充電スタンドの導入を検討するところが増えている。同社は、複数台数を設置した場合でも効率的な運用管理が可能な新型充電スタンドを投入し、拡販を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.