> > 大和ハウス 「xevoYU」でネット・ゼロ・エネルギーハウスを実現

大和ハウス 「xevoYU」でネット・ゼロ・エネルギーハウスを実現

記事を保存

大和ハウス工業は、7月15日に戸建住宅の新商品「xevoYU(ジーヴォ・ユウ)」を発売する。同社独自の外壁システム「外張り断熱通気外壁」を採用した耐久性と省エネ効果が高い「xevo」シリーズの新商品で、政府が2020年を目標に推進している「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」をいち早く実現した。本体工事価格は、太陽光発電システム約3kW搭載で、3.3m2あたり55.6万円。年間2400棟の販売を目指す。

「xevoYU」は、切妻屋根の屋根面積を拡大したハイブリッドエコロジールーフの採用により、最大9.6kWの太陽光発電システムを搭載することが可能。ルーフの壁面には、風の流れをつくり出す「ハイサイドウインドウ」を設置し、自然エネルギーを効率的に利用する。また、外張り断熱通気外壁、太陽光発電システム、高効率給湯器を標準採用し、政府が定める新省エネ基準による一般住宅と比べ、年間光熱費を最大約169%、CO2排出量を最大約106%削減できる。

さらに、省エネ空調システム「エアスイート」を導入。家中のエアコンを集中制御することによって、ライフスタイルやライフステージの変化にあわせた省エネ環境を整えることができる。従来の全館空調システムと比べると、CO2排出量と年間光熱費が約半分になる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.