> > 川崎重工グループ 廃棄物発電を行うごみ処理施設の建設・運営事業を受注

川崎重工グループ 廃棄物発電を行うごみ処理施設の建設・運営事業を受注

記事を保存

川崎重工グループのカワサキプラントシステムズは、選別施設・バイオガス化施設・ごみ焼却施設を組み合わせて高効率な廃棄物発電を行う、国内初のごみ処理複合施設の建設と運営事業を受注したと発表した。同社が受注したのは、山口県防府市の「防府市クリーンセンター整備・運営事業」。本事業は、公設民営のDBO(DesignBuildOperate)方式により計画された事業で、同社はごみ処理施設の建設と20年間の運営事業を一括して行う。施設の完工日は平成27年3月31日。運営事業の委託期間は平成26年4月1日~平成46年3月31日(20年間)。建設工事の受注金額は95億6000万円で、20年間の運営事業の受注金額は101億円。

本施設では、同社の持つ高度なごみ処理技術の複合化により、最大発電量3600kW、発電効率23.5%(基準ごみ時)という高効率な廃棄物発電を実現し、施設内の消費電力を賄うとともに、余剰電力は売電し、施設の維持管理費用とCO2排出量を削減する。

施設の概要は以下の通り。選別施設で可燃ごみからバイオガス化に適したごみを選別。選別されたごみを用い、バイオガス化施設でバイオガスを発生させる。選別されない可燃ごみやメタン発酵残渣等は、焼却施設にて低空気比高温燃焼を行い、エネルギーを回収する。また、本施設は、リサイクル施設と汚泥有効利用施設も備える。汚泥有効利用施設は隣接施設で発生する下水・し尿汚泥を受入れ、バイオガス化施設で有効活用する。また、焼却施設より発生する焼却灰および飛灰は、セメント原料として利用する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.