> > 京セラソーラー FC店に業界初の独自顧客サービスプログラムを導入

京セラソーラー FC店に業界初の独自顧客サービスプログラムを導入

記事を保存

京セラソーラーコーポレーション(KSC)は、全国1110店舗の京セラソーラーフランチャイズ(FC)店全店に、独自の顧客満足プログラム「シスピー(CustomerSatisfactionProgram)」を導入する。住宅用太陽光発電システムの導入からアフターフォローまでのサービス品質を、トータルで管理する。同社は、7月上旬までに本格的な運用を開始する予定だ。

住宅用太陽光発電システムが急速に普及・拡大するなか、同社は質の高いサービスの提供を目指し、同プログラムを導入。契約・施工・アフターフォローなど顧客対応の進捗過程を全21項目に分類し、体系的に管理する。このようなプログラムを販売店に導入するのは業界初だという。

KSCは京セラ株式会社の子会社で、国内向けに太陽光発電システムを販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.