> > NEDO・東大など 有機系太陽電池実用化に向けたプロジェクトを始動

NEDO・東大など 有機系太陽電池実用化に向けたプロジェクトを始動

記事を保存

東京大学とNEDOは、有機系太陽電池の早期実用化を目指し、内閣府の最先端研究開発支援プログラムのひとつとして、有機系太陽電池の開発プロジェクトを開始する。大学、民間企業など19研究機関と連携し、より高性能な有機系太陽電池の研究に取り組む。

有機系太陽電池は、光吸収層(光電変換層)に有機物質が用いられたもの。従来のものに比べ、製造時のCO2排出量と原材料の資源的制約が少なく、カラー化・フレキシブル化・大面積化・高速印刷製造、更に、低コスト化を実現する電池として注目されている。有機系太陽電池は、主に色素増感太陽電池と有機薄膜太陽電池に大別され、色素増感太陽電池の場合は耐久性や変換効率の向上、有機薄膜太陽電池の場合は劣化などに対する科学的知見の体系化が必要とされている。

今回のプロジェクトでは、色素増感太陽電池と有機薄膜太陽電池それぞれに優れた実績を持つ研究機関が相互連携して研究を進める。具体的には、新材料探索、新構造太陽電池の開発研究、計測技術と標準化など14テーマについて研究を行う。また、有機系太陽電池の性能評価のため、第三者的な機関として、認証データ計測センターも設立される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.