> > 三菱電機・SAP 製造業における省エネソリューションの開発で提携

三菱電機・SAP 製造業における省エネソリューションの開発で提携

記事を保存

三菱とビジネスソフトウェア会社であるSAPAGは、製造業において省エネルギーを推進する新ソリューションの開発で提携する。三菱電機が取り組んできた製造現場でのエネルギー管理技術と、生産管理・経営分野の可視化をサポートするSAPのソリューションを連携させ、製造現場から経営にいたるまでのエネルギーを管理し省エネを支援する新しいソリューションを共同で開発する。両社は、工場での経営や生産管理システムが将来クラウド化されることも視野に入れ、開発を進める考えだ。

製造業では、厳しさを増すグローバル市場での競争力をつけるために、品質向上による製品競争力の強化や、生産性向上や省エネ化によるコスト削減が求められている。生産性向上については、生産現場の稼働率や品質情報、歩留まりなどの生産情報を「見える化」して改善を行う現場は増えているが、省エネについては生産情報とエネルギー情報を結びつけて管理している現場は少なく、生産品個々の消費エネルギー管理(原単位管理)にも対応できていないのが現状だという。

今回の共同開発では、工場の生産情報とエネルギー情報を「見える化」する三菱電機の「e&eco-F@ctory」ソリューションと、製造業向けSAPの統合ソフトウェア「SAPMII」および工場の製造現場における部材、製品、設備、作業者など、さまざまな情報を統合する製造実行システムMES(ManufacturingExecutionSystem)を直接連動させて、製造現場の多様なデータやエネルギーデータを、生産管理者や経営層がリアルタイムで閲覧できるようにするとともに、企業全体での計画的なエネルギー管理とその「見える化」の実現をめざす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.