> > 三菱重工 中国向けに、熱電併給GTCC向けガスタービン2基などを受注

三菱重工 中国向けに、熱電併給GTCC向けガスタービン2基などを受注

記事を保存

三菱重工業は、中国電力会社大手である華能国際電力の熱電併給ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)向け主要設備を受注したと発表した。同社の技術移転先である重電機器メーカー、東方タービンを通して受注したもので、北京近郊に計画されている熱電併給GTCC建設の6案件のうち、最初に着手する高碑店プロジェクトへ、ガスタービン「M701F形」2基のほか、蒸気タービンの中核部品などを納入する。納期は2011年2~3月の予定。同社は、現地パートナーである東方タービンとの協業をもとに、今後も拡大する中国のガスタービン市場において積極的に営業を展開していく方針だ。

今回の熱電併給GTCCでは、夏場の電気出力約92万kW、冬場の電気出力約83万kWに加え、熱併給量約66万kW相当を供給し、中国首都周辺の電力と熱需要に対応する。また、三菱重工と東方タービンの合弁会社である三菱重工東方燃気輪機の名義で、6年間のガスタービン長期メンテナンス契約も合わせて受注した。同メンテナンス契約では、三菱重工が高温部品を供給し、三菱重工東方燃気輪機がその補修を担当、東方タービンが定期検査の指導員を派遣する。

GTCCプラントは、高効率ガスタービンと排ガスボイラー、蒸気タービンを組み合わせたプラントで、プラント効率が高いのが特徴。始動時間が短い、熱効率が高い、冷却水量・温排水量が少ない、といった利点があり、従来の火力発電プラントと比較すると、効率は約20%向上するという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.