> > 三洋電機 米大学とエナジーソリューション分野で共同開発契約を締結

三洋電機 米大学とエナジーソリューション分野で共同開発契約を締結

記事を保存

三洋電機とカリフォルニア大学・サンディエゴ校(UCSD)は、エナジーソリューション分野における共同開発契約を締結し、三洋電機は2010年7月1日から3年間で3億円をUCSDに提供すると発表した。

三洋は、世界トップレベルの太陽電池技術、二次電池技術、省エネ技術を持ち、CO2排出量やランニングコスト削減を提案する「スマートエナジーシステム」によるエナジーソリューション事業を展開している。一方、UCSDは、研究機関としても評価が高く、最先端の技術を駆使した新エネルギー開発や大気汚染低減など、エネルギー・環境分野の研究開発で大きな成果をあげている。

今回の共同研究では、三洋の「スマートエナジーシステム」のコンセプトと、UCSD工学大学院で開発中の「ソーラーフォーキャストシステム」、蓄電技術、エネルギー制御技術を融合し、カリフォルニア州など再生可能エネルギーへの依存が多いエリアでの電力安定供給の実現を目指す。その第一歩として、雲の動きを解析して太陽光発電による出力の変動を予測する「ソーラーフォーキャストシステム」を「スマートエナジーシステム」へ適用し、効率的な電力供給を行う。

三洋にとってエネルギー分野における米大学との提携は初となるが、本契約をスマートグリッド(次世代送電網)の実現に向けた共同開発と捉えており、研究成果をキャンパスからサンディエゴ市へ、そしてさらに全米へと広げていく方針だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.