> > パナ電工 世界最高水準、変換効率16.8%の太陽光発電システムを発売

パナ電工 世界最高水準、変換効率16.8%の太陽光発電システムを発売

記事を保存

パナソニック住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズパナソニック電工は、住宅用としては世界最高水準(2010年5月現在)となる、変換効率16.8%のモジュールを搭載した太陽光発電システム「パナソニック 住宅用太陽光発電システム HIT215シリーズ」を、7月1日より発売する。

同製品は、三洋電機製の単結晶系ハイブリッド型太陽電池モジュール「HIT(ヒット)太陽電池」を採用し、公称最大出力は215W/枚。発電効率が高いため、屋根面積の小さい住宅に適しており、温度特性に優れているため、夏場の高温時にも高出力を確保することができる。同社は、HIT215シリーズと共に、変換効率16.4%(公称最大出力210W)のHIT210シリーズを発売。販売価格は、HIT215シリーズが1枚あたり156450円(税込)、HIT210シリーズが同150150円(税込)。シリーズ全体で、2010年度に8000セットの販売を目指す。

ラインナップとして、屋根の下地に直接設置する工法で新築に適した「野地ぴたF」と、既存の瓦の一部を取り、支持瓦・支持金具を取り付けて設置するタイプでリフォームに適した「屋根置き」の2タイプを揃えた。また、住宅内の各設備をネットワークでつなぐホームシステム「ライフィニティ」やパナソニックの「ビエラ」と接続することで、1日の発電量や消費電力量などを確認することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.