> > 新日本石油ほか ミドリムシからバイオ燃料を製造する研究に着手

新日本石油ほか ミドリムシからバイオ燃料を製造する研究に着手

記事を保存

新日本石油と日立プラントテクノロジー、ユーグレナ社の3社は、微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を原料としたバイオジェット燃料の製造について、共同研究を開始する。地球温暖化対策として、航空運送分野でもCO2排出量の削減が求められる中、海外を中心に、バイオマスを原料とするジェット燃料の研究開発が進められている。新日石は、全日空および日本航空からのバイオジェット燃料の開発要望を受け、これまでに、日立プラントテクノロジー・ユーグレナ社とともに基礎検討を進めてきた。

今後は、3社共同で、ユーグレナ社の持つ微細藻ユーグレナの培養技術、日立プラントテクノロジーの培養などのプロセス技術、および新日石のバイオジェット燃料への燃料化技術などの要素技術開発を進める。また、本年度中を目処に、2018年度の事業化に向けて、環境適合性・供給安定性・経済性の面から調査を行う。本共同研究の実施に当たり、新日石と日立プラントテクノロジーは、第三者割当増資によるユーグレナ社への出資を行っている。ユーグレナ社は東京大学発のベンチャーでユーグレナの研究開発・製造・販売等を手がけている。

微細藻ユーグレナは、陸生植物に比べてCO2吸収効率が高く、含有する油脂分がジェット燃料に適した炭素構造を持っており、次世代のバイオジェット燃料の原料として期待されている。3社は各々の強みを生かし、微細藻類からバイオジェット燃料を製造するために必要とされる、微細藻類の培養・乾燥、微細藻類からの油分の抽出、抽出した油分の燃料化(改質)の技術開発に取り組む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.