> > トーヨーソフランテック 植物由来の原料を使用したウレタンフォームを開発

トーヨーソフランテック 植物由来の原料を使用したウレタンフォームを開発

記事を保存

東洋ゴム工業のダイバーテック事業関連会社であるトーヨーソフランテックは、植物由来の原料を使用した軟質ウレタンフォーム「ソフランエコフォーム」を開発した。同製品は、ウレタンフォームとしては日本で初めて、日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」(登録番号NO.090050)を2010年3月30日に取得した商品。今後、ラインナップも4種類に拡充する。

軟質ウレタンフォームは、家具や寝装寝具のクッション材として幅広く使用されている。一般的には石化由来の原料が使用されるが、同社は、ヒマ(トウゴマ)から抽出されるヒマシ油を使用することに成功。原料の約30%をヒマシ油由来に置換し、石化由来の原料品と比較しても同等の品質と物性を確保している。また、非食用植物油であるヒマシ油は食料需要との競合がなく、比較的安定した調達が可能。さらに、原料となるヒマは、光合成の際の炭酸ガス吸収量が多いことが特徴で、環境に優しい原料として注目を集めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.