> > 東京ガス・大阪ガス 「スマートエネルギーネットワーク」の実証事業を開始

東京ガス・大阪ガス 「スマートエネルギーネットワーク」の実証事業を開始

記事を保存

東京ガスと大阪ガスは、「スマートエネルギーネットワーク」の実証事業を今月から共同で開始する。同事業は、分散型エネルギーシステムに再生可能エネルギー、未利用エネルギーを大幅導入してIT技術によって制御するもの。2010年5月より詳細設計を行って実証事業を開始し、データの取得・解析や、システムの改良を進める。

具体的には、特定エリア内で電力、熱の最適化を図る「システムA」と、散在するシステムAや天然ガスコージェネ間を連携して、広域コミュニティー全体で電力の融通等を行って最適化を目指す「システムB」の2つに分けて実証を行う。

システムAは東京ガスが担当し、「東京ガス千住テクノステーション」に設置する高効率コージェネ、太陽熱集熱装置、太陽光発電システムから供給される電力・熱を、敷地内の建物間や特養ホームなどに融通する。システムBは大阪ガスが担当し、「岩崎エネルギーセンター」と数カ所に設置する太陽光発電システム、コージェネを連携し、電力融通の際に最適化制御を行うような遠隔監視制御システムを構築する。両社は、本事業の実施により、3割以上のCO2を削減することを見込んでいる。さらに、天候等によって出力が変動する太陽光発電をコージェネで補完することで、太陽光による発電量を蓄電する蓄電設備容量を低減して、太陽光発電の導入を促進する。

両社は、経済産業省が設立した「スマートコミュニティ・アライアンス」に参画しており、本事業は、同日付で経産省の「分散型エネルギー複合最適化実証事業」に採択された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.