> > 竹中工務店 超高層ビルに生ごみを再利用するバイオガスシステムを納入

竹中工務店 超高層ビルに生ごみを再利用するバイオガスシステムを納入

記事を保存

竹中工務店は、近畿日本鉄道が建設中の超高層ビル「阿部野橋ターミナルビルタワー館(仮称)」向けに、食品廃棄物を再利用する「都心型バイオガスシステム」を納入する。同ビルは、地上62階建ての百貨店やホテル、レストラン、オフィスなどが入居する複合ビルで、2014年の開業を目指している。同社が納入するバイオガスシステムは、神鋼環境ソリューションやテラルと共同で開発したもので、複合ビル内で発生した生ごみ(食品廃棄物)や厨房排水からバイオガスを作り出し、エネルギー源として再利用するもの。竹中工務店は今後、都市部の複合ビルや再開発エリアをはじめ、ショッピングセンターや食品工場向けに提案を進めていく。

今回、同ビルに導入されるシステムの概要は以下の通りだ。各階に設置されたディスポーザーに生ごみを投入すると、管路システムにより建物内のバイオガスシステムに運ばれる。そこで、厨房排水や中水処理設備の汚泥とともに固形分と液分に分離、メタン発酵槽で固形分からバイオガスを発生させる。バイオガスは、精製後、都市ガスと混合し、ガスエンジンやボイラーなどで利用する。また、分離された液分は、下水道放流基準に適合処理後、下水道に放流する。

超高層ビルの生ごみの一般的な処理方法は、地下で冷蔵保管した後、処理施設に搬送するというもの。新システムでは、運搬にかかるCO2や人件費を削減できる。また、メタン発酵は食品リサイクル法の再生利用に該当するため、本システムの導入により食品リサイクル法に対応できるなどのメリットもある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.