> > 三菱商事・産業革新機構ほか 官民連携で豪州水道事業会社を買収

三菱商事・産業革新機構ほか 官民連携で豪州水道事業会社を買収

記事を保存

三菱商事と日揮、ManilaWaterCompanyInc(MWC社)及び官民ファンドの産業革新機構は、豪州の第2位の水道事業会社UnitedUtilitiesAustraliaPtyLimited社(UUA社)を買収すると発表した。英国UnitedUtilities社(UU社)と、同社が保有するUUA社及び関連会社の株式を100%買収することで同意。合意した企業価値は225百万豪ドルで、日本円に換算すると約189億円(2010年5月11日現在)。そのうち、株式取得金額は176百万豪ドル(約147億8400万円)、継承する債務は49百万豪ドル(41億1600万円)。本件は、国内初の官民連携による海外水ビジネス案件となる。

UU社は、英国で約700万人に給水する英国最大手の水道事業会社で、1991年にUUA社を設立。現在、UUA社は豪州4州において、上下水道、海水淡水化、工業排水処理、再生水など14の事業を手がけ、約300万人に給水を行っている。今後、三菱商事らは豪州に新会社を設立し、UUA社の14事業を承継するとともに、豪州において水ビジネスを展開する予定だ。新会社が世界の水市場における日本の民間企業・公的組織の技術・ノウハウを結集したプラットフォームとして機能することも視野に入れている。

産業革新機構は、オープン・イノベーションの活用を目的に法律に基づいて設立された会社で、総額8000億円超の投資能力を持つ。革新性的な事業に対して資金を提供し、経営参加型の支援を行うことで、国際競争力を持つ産業の創出をめざしている。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.