> > ハイエッジ 2020年の世界EV市場は9兆4800億円と予測

ハイエッジ 2020年の世界EV市場は9兆4800億円と予測

記事を保存

ハイテク技術関連の調査会社ハイエッジは、本格的な市場形成が始まる電気自動車(EV)の世界市場について調査し、2020年に至る市場規模を予測した。調査概要によると、世界EV市場は、2010年には6万5000台、2700億円の市場を形成、2012年以降は各社のEVモデルが出揃うことで本格的な拡大期に入り、2020年には378万1000台規模、9兆4800億円の市場が成立する見通し。

また、EVには、P-EV(ピュアEV)、R-EV(レンジエクステンダーEV=プラグインハイブリッド車)及びF-EV(燃料電池EV)の3タイプがあり、今後はP-EVが主流となる見込み。一方、R-EVは米国をを中心に市場拡大が期待され、2020年にはEV全体の15.2%のシェアを占めると予測している。F-EVは、コスト低減等の問題により、本格的な市場形成は2020年以降となる見込みだ。

今後市場投入されるEVに搭載されるバッテリー搭載容量は10~30kWh、一充電走行距離は100~200kmが主流となるとみている。採用されるバッテリーは、リチウムイオンバッテリーが中心となり、その中でも正極材にマンガン酸リチウムを採用したLMOタイプが多くなると予測。しかし、今後は、中国メーカーを中心に、リン酸鉄リチウムを正極材に使用したLFPタイプと採用が増え、LMOタイプとのシェア争いが激化する見通し。正極材に三元系材料を採用したリチウムイオンバッテリーはハイブリッド車での採用が中心となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.