> > コロナ 省エネ性能を向上させたエコキュート4機種を発売

コロナ 省エネ性能を向上させたエコキュート4機種を発売

記事を保存

コロナは、省エネ性能を強化し、新機能を装備したエコキュートの2010年モデル4機種を7月上旬より順次発売する。フルモデルチェンジした「プレミアムエコキュート」は、高効率スクロールコンプレッサなどを搭載したヒートポンプユニットにより、タンク容量370Lタイプで業界トップの年間給湯効率(APF)3.8を達成した。また、「スタンダードタイプ」も、新型ヒートポンプユニットなどの採用により、APFを向上させた。

さらに、業界で初めて入浴検知センサを採用し、「省エネ保温」運転時に人が浴槽に入ると自動的に保温追い炊きをするため、最大36%省エネになる。外装には、貯湯タンクユニットの外装パネルに汚れがつきにくい「汚れんコート」を導入した。価格は、「プレミアムエコキュート」(タンク容量370L)が81万3750円、「スタンダードタイプ」(タンク容量370L)が77万1750円。

住宅版エコポイント制度が始まり、住宅の省エネ性能を重視した新築やリフォーム市場が動き出している。同社では、高性能化したエコキュートの新モデル投入により拡販をめざす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.