コロナ 省エネ性能を向上させたエコキュート4機種を発売

  • 印刷
  • 共有

コロナは、省エネ性能を強化し、新機能を装備したエコキュートの2010年モデル4機種を7月上旬より順次発売する。フルモデルチェンジした「プレミアムエコキュート」は、高効率スクロールコンプレッサなどを搭載したヒートポンプユニットにより、タンク容量370Lタイプで業界トップの年間給湯効率(APF)3.8を達成した。また、「スタンダードタイプ」も、新型ヒートポンプユニットなどの採用により、APFを向上させた。

さらに、業界で初めて入浴検知センサを採用し、「省エネ保温」運転時に人が浴槽に入ると自動的に保温追い炊きをするため、最大36%省エネになる。外装には、貯湯タンクユニットの外装パネルに汚れがつきにくい「汚れんコート」を導入した。価格は、「プレミアムエコキュート」(タンク容量370L)が81万3750円、「スタンダードタイプ」(タンク容量370L)が77万1750円。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事